肌が劣化する要因

肌が劣化する要因とは?肌の劣化を防ぎ10才蘇る美肌へ

肌が劣化する要因をチェックして肌の劣化を防ごう

年齢を重ねると共に、悲しいかな、女性の肌は劣化していきます。

しかし、肌の劣化を少しでも遅くすることは可能なので、肌が劣化してしまう原因をしっかり理解して、今すぐ対策を施していきましょう。

肌が劣化する要因とは

肌が劣化する要因は主に3つあります。紫外線・乾燥・細胞の老化です。その3つについてそれぞれみていきましょう。

要因1:紫外線

一つ目の要因は紫外線です。

紫外線を長い間浴び続けていくと、シミ・シワ・たるみなど、多くの肌トラブルを起こします。肌が劣化するほとんどの原因は紫外線と言っても過言ではないほどです。

紫外線A波「UVA」は雲やガラスを通過して、雨や曇りの日に室内や車内にいても肌にダメージを与えます。

UVAは肌の奥にある真皮に到達して、エラスチンやコラーゲン線維を傷つけ、肌の弾力とハリを失わせ、肌の土台を破壊させていくのです。

エラスチンとコラーゲンの分泌も衰えさせてしまいます。

また、紫外線B波「UVB」はシミやくすみの原因を作ります。UVBは表皮の基底層にあるメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の分泌を増やして、日焼け・シミ・くすみへ変化させます。

要因2:乾燥

二つ目の要因は乾燥です。

年齢を増していくとともに肌の内側から水分が減少してしまうんですが、これがシワやたるみの原因を作ります。

肌表面の角質層細胞間皮質がしだいに減少して、水分を必要以上に蒸発しやすくなった結果なのです。

要因2:細胞の老化

3つ目は細胞の老化です。

食生活の悪習慣や運動不足が続くと、血液循環が悪くなり肌の新陳代謝が遅れ、健康な肌を作れなくなり、透明感を失いくすんでいってしまいます。

また、充分なタンパク質と適度な糖分を摂取していないと、糖化できなくなり、AGEという老化物質が蓄積して、新しい細胞を生み出す力が衰えてしまうのです。

肌の劣化を防ぐには?

以上の3つから肌の劣化を防ぐためには、「紫外線対策をしっかり行う」、「乾燥肌対策を行う」、「栄養のバランスのとれた食生活と適度な運動を心がける」ことがとても重要になります。

紫外線対策としては、外出するときは日焼け止めを塗る、日傘や帽子、サングラスを使用するといったことを始め、抗酸化作用があるビタミンCを摂取することも効果的なのでオススメです。

乾燥肌対策としては、セラミドなど保湿効果が高い成分が入った化粧品を使うのがオススメになります。

化粧水よりもゲルやクリーム状の美容液で補うのが保湿には効果的です。

また、コラーゲンを増やすことも重要ですが、コラーゲンは真皮にあるので、化粧品やサプリメント、食事から摂ってもあまり効果はありません。

なので、コラーゲンの生成を促してくれる「ビタミンC誘導体」や「レチノール」などの成分が入った化粧品を使うのがオススメになります。

これが10才以上肌を蘇る美肌を保つ秘訣です。

保湿効果が高いオールインワンジェルがおすすめ

アラフォーになったら、保湿効果が高いオールインワンジェルを使いましょう。

アラフォーにぴったりな総合オールインワンジェルランキングはこちらから