シミ予防ができる美白化粧品

シミ予防ができる美白化粧品の選び方とは?知りたい!美白成分のこと

正しい美白化粧品の選び方とは?

美白成分がちゃんと入っているかをチェック

今や冬でも人気のある美白化粧品。

お店やネットには色んな美白化粧品が出回ってますが、中にはそれっぽくしてあるだけで、美白効果のないものもあるので、実際に選ぶときは注意が必要です。

美白化粧品でも効果がないものもあります有効な美白成分をチェックしないと大変なことに

効果がないだけならまだマシですが、以前ありましたよね?○ネボウの美白化粧品で大変なことが。肌が白くまだらになってしまったっていうあの事件です。

肌がそんなことになったら本当に大変なので、安全な美白成分がちゃんと入っているかどうか、これをまず確認することが重要です。

厚生労働省が認めている美白成分

厚生労働省が有効な美白成分として認めているものが下記の成分になります。

有効成分 どんな成分? 効果
エナジーシグナルAMP 天然酵母由来の成分 メラニン排出促進
ビタミンC誘導体 リン酸型ビタミンCなどビタミンCを吸収しやすい形に変えたもの メラニン色素生成抑制・還元、チロシナーゼ活性阻害
リノール酸 サフラワー油などの植物油から排出される成分 メラニン排出促進、チロシナーゼ分解
アルブチン もともとはこけ桃から抽出された成分。濃度が高いと肌に刺激になることも チロシナーゼ活性阻害
エラグ酸 イチゴ由来の成分 チロシナーゼ活性阻害
コウジ酸 みそやしょうゆに含まれる麹菌由来の成分 チロシナーゼ活性阻害
プラセンタエキス 豚などの胎盤から抽出される成分 チロシナーゼ活性阻害
マグノリグナン ホオノキの成分を元に開発された成分 チロシナーゼ成熟阻害
4MSK 慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分 チロシナーゼ活性阻害
ルシノール 北米のもみの木に含まれる成分をヒントにつくられた成分 チロシナーゼ活性阻害
m-トラネキサム酸 もともとは抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を美白成分として開発したもの 抗炎症・メラニン生成指令阻止
カモミラET ハーブのカモミールに含まれる成分。抗炎症作用をあわせもつ。成分名はカミツレエキス 抗炎症・メラニン生成指令阻止

これ以外にも植物エキスなど、メーカー独自の美白成分がありますが、こういった安全な有効美白成分が入った化粧品を選ぶようにしましょう。

美容液やクリームがオススメ

美白化粧品には化粧水、美容液、クリーム、パックなど色々ありますが、オススメなのは美容液クリーム

美容液やクリームでのお手入れは、朝、晩毎日できるので、たまに使う高価なパックよりも効果的です。中でも医薬部外品のものが安心ですね。

医薬部外品のものなら安心です

医薬部外品ってよく目にしますよね。医薬部外品というのは、厚生労働省の承認を受けた成分を配合しているもので、医薬品と化粧品の間に位置しているものになります。

美白化粧品の場合なら上記の成分がきちんと配合されていることになるので、美白成分の知識がなくても安心して使うことができるというワケです。

有効な美白成分が入った化粧品を選ぶことが大切医薬部外品なら安心できます

肌全体に浸透させるのがポイント

実際の使い方としては、シミになりそうなところに集中して塗るのではなく、肌全体に塗るのが鉄則。

美白成分を肌全体に浸透させるさせるようにすると効果的です。

ビタミンCもシミ予防に効果的

化粧品以外でのシミ予防としてはビタミンCが効果的です。

こちらもできてしまったシミに対しては効果はほぼないですが、紫外線によって発生した活性酸素を取り除いてくれる作用があるので、シミやシワを抑制させることが可能。

日頃からビタミンCを摂取するとシミの予防をすることができるのでオススメです。

サプリメントではなく野菜などで摂取しよう

ただし、サプリメントでは吸収率が悪く、肌まで届かないことが多いので、野菜やハーブティーなどの食品で摂るようにすることがポイントになります。

シズカゲルは医薬部外品のオールインワンです
↓気になる方は下記バナーをクリック↓
シズカゲル

アラフォーにぴったりな総合オールインワンジェルランキングはこちらから