シミと美白化粧品について

シミをなくしたい!でも美白化粧品ってホントに効果があるの?

美白化粧品でシミは消せるのか

この濃いシミ、なんとかしたいけど

若い頃は少々日焼けをしても大丈夫だった肌。それがアラフォーになってくると、いつの間にかシミが浮き出てくるようになります。

これ、まさしく私がそう。面倒くさがり屋だった私は、20代の頃とか日焼け止めも塗らずに海に行ったりしていたせいで、30代後半くらいから大きなシミがくっきりできてしまったんです。

もうホントに後悔してます。今ではコンシーラーが手放せない状態だったりします。

20代の頃に日焼けしまくって今ではシミだらけ・・これって消すことできるのかしら

なんとか薄くしたい、できたら消してしまいたいと思ってる訳ですが、同じようにシミで悩んでるアラフォーの人、たくさんいると思います。

で、気になるのが美白化粧品

今、美白化粧品って色々なものがたくさん出回ってますが、果たしてこういった美白化粧品でシミを薄くしたりなくしたりってできるのでしょうか。

アラフォーにはすごく気になる美白について考えてみましょう。

そもそもシミってどうしてできるの?

シミとひとくちに言ってもその種類は様々。種類によってケア方法も違ってきます。

日焼けが原因の老人性色素班

私のように日焼けの積み重ねでできてしまったシミは、「老人性色素班」というもので、シミの中でも一番ポピュラーなシミ。

ほお骨あたりにできることが多く、最初は薄く小さいものも、段々と濃く大きくなってきて、ときにはホクロやイボのように盛り上がってくるものもあります。

シミができるしくみとは?

メラノサイトの中でメラニン色素が作られてシミになります

そもそも、どうして紫外線をあびるとシミができるかというと、紫外線が表皮細胞に当たるとエンドセリンという情報伝達物質が分泌されて、それがメラノサイトに伝達されて、メラノサイトの中でメラニン色素が作られます。

作られたメラニン色素は、今度はメラノサイトから分泌されてしまい、皮膚にそれが残ってしまうことでシミができるというワケです。

美白化粧品はシミ予防のためのもの

濃くなったシミは美白化粧品では消えません

この老人性色素班のシミ。

見えるか見えないかわからないくらいの薄い状態であれば、美白化粧品で薄くすることは可能ですが、くっきり濃くなってしまったシミに関しては、残念ながらほとんど効果はありません。

悲しい現実です。

美白化粧品は初期の薄いシミには効果がありますが濃くなったシミを消すことはできません

というのも、美白化粧品に入っている美白成分というのは、メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけて、メラニン生成を抑えることでシミができないようにしてくれるものだからです。

つまり、これからできるシミを予防するものなんですね。

すでに進行してしまって、くっきり出来上がったシミというのは、皮膚の構造自体が変化してしまっているので、美白成分でメラノサイトの働きを抑えても消えることはないということです。

くっきり濃くなってしまったシミをなくしたい場合は、レーザー治療をするしかないというのが結論になります。

シミを増やさないためにも予防することが大事

のこのシミは、レーザー治療か従来通りコンシーラーで隠すしかないってことですね。あ〜、ホント悲しい。

でも、でもです。完成してしまったシミに関しては効果がないとしても、予備軍のシミに関しては美白化粧品できっちり予防することができるので、シミをこれ以上増やさないためにも、今からでもしっかりケアをすることが大切です。

これ以上シミを増やさないように美白化粧品でしっかり予防をしましょう

ということで、シミ予防に効果的な美白化粧品はどういったものがいいのかをみていきましょう。

⇒シミ予防ができる美白化粧品の選び方とは?

シミ予防ができるオールインワンジェル

シズカゲルは、多角的エイジングケアで真の美白を実感できるオールインワンになります。

↓気になる方は下記バナーをクリック↓
シズカゲル

アラフォーにぴったりな総合オールインワンジェルランキングはこちらから