インナードライになる原因と改善方法

それ隠れ乾燥肌かも!インナードライになる原因と改善方法について

アナタの肌、隠れ乾燥肌かも

アラフォーにとって最大の敵「乾燥」。年齢を重ねてくると、冬だけじゃなくて、夏でもエアコンとかで肌がカサカサしがちですよね。

それこそ、一年中乾燥肌で悩んでる人ってホント多いと思います。

「いやいや、私は乾燥肌じゃないし!」と安心してるアラフォーさんも中にはいると思いますが、ちょっと待ってください。

「インナードライ」という乾燥肌の状態が存在してて、実はアナタはその「インナードライ肌」かもしれません。

ということで、今回はインナードライについてまとめてみました。

インナードライ肌とは?

インナードライというのは、肌の外側は皮脂が出ている状態なのに、肌の内側は水分量が少なく乾燥している状態を指します。

肌の表面がテカテカしているので、「脂性肌(オイリー肌)」だと思い込んでしまいがちですが、インナードライ肌は実は「乾燥肌」になるので注意が必要です。

皮脂は多いのに、洗顔後などに肌のつっぱりを感じる人は、インナードライ肌になっている可能性がありますね。

インナードライになる原因は?

インナードライになる原因は、ずばり「肌の乾燥」です。

加齢などによる「バリア機能の低下」や「ターンオーバーの乱れ」によって、肌の水分量が減少、そして、それを補おうと油分が過剰に出ている状態がインナードライを引き起こしてしまうという訳です。

インナードライを認識していないと悪化する可能も

で、そのインナードライ肌の人にとって怖いのが、「脂性肌(オイリー肌)」だと思い込んでしまうこと。

皮脂が過剰に出ているからといって、スキンケアを簡単に済ませたり、皮脂を取りすぎるといった、脂性肌のスキンケアを繰り返しているうちに、インナードライが悪化してしまう悪循環に陥ってしまう可能性があるんですね。

更に、冬の乾燥した空気や夏のエアコンなど乾燥のもとになる環境もインナードライを悪化させてしまいます。

紫外線や、不規則な生活、ストレスによっても悪化してしまうので、気をつける必要があります。

インナードライの改善方法

インナードライの具体的な対策として、まずはスキンケアを見直すことが重要です。

皮脂を取りすぎない

肌がベタつくからと必要以上に洗顔したり、あぶらとり紙などで皮脂を取りすぎたりすると、却って皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

そうすると、皮脂の分量と水分量のバランスがさらに悪くなって、インナードライが悪化する原因になるので避けましょう。

ちなみに、クレンジングは皮脂を取りすぎてしまうオイルタイプではなくて、肌に優しいクリームタイプがオススメです。

洗顔も比較的肌に優しい洗顔用の固形石けんなどを使いましょう。

水分を維持するスキンケアが大事

インナードライ肌は、肌の内側の水分が少ない状態なので、角質層の水分を維持するスキンケアが必要です。

オススメは、セラミドなどの水分を抱え込んで保つ保湿成分が入った美容液を使うこと。オールインワンジェルでもOKですね。

保湿成分をしっかり与えて水分量を増やすことで、皮脂量とのバランスがよくなり、インナードライを改善することができます。

いかがでしたでしょうか?オールシーズン気になるインナードライは、適切なスキンケアを行うことで悪化を防ぎ改善に導きますので、ぜひ参考にしてくださいね。

保湿効果が高いオールインワンジェルがおすすめ

インナードライ肌の人は、保湿効果が高いオールインワンジェルを使いましょう。

アラフォーにぴったりな総合オールインワンジェルランキングはこちらから